4泊6日で満喫するサンフランシスコ旅行 > サンフランシスコのおすすめホテル > サンフランシスコで安く泊まるなら!ホリデイインのメリットとデメリット

サンフランシスコで安く泊まるなら!ホリデイインのメリットとデメリット

旅行も出張もポイント10倍セールが狙い目…楽天トラベル

サンフランシスコのホリデイインは価格が魅力!メリットとデメリットを確認しよう

サンフランシスコで安く宿泊するならホリデイインが人気です。サンフランシスコ観光が目的なら、シビックセンターとフィッシャーマンズワーフのホリデイインが動きやすいですね。

ホリデイインは「サンフランシスコおすすめホテル」のなかで最もメリットとデメリットの差が大きなホテルです。

まずは知っておきたいデメリット。シビックセンターのホリデイインは「必要以上に不安を感じてしまう地区」にあります。簡単に言うと、人気(ひとけ)が少ないんです。

僕は1回だけ泊まったことがあるのですが、「日本人の観光客は怖いと感じるかも。アメリカ人向きのホテルだね」と感じました。

部屋はきれいで、インターネットも無料で使えます。ユニオンスクエアから少し離れてしますが、地下鉄やバスの駅も近いので、移動の不便さはあまり感じません。

安さが魅力

日本なら全く問題のないレベルです。でも、人気(ひとけ)のない外国の地を歩くことが苦手な皆さんは避けたほうが、精神的に楽だと思います。慣れると、問題ないんですけどね。

もしホリデイインに宿泊するなら、シビックセンターよりフィッシャーマンズワーフがおすすめです。フィッシャーマンズワーフのホリデイインは、観光の拠点として便利ですよ。

ホリデイインの大きなメリットは安く泊まれることです。節約した宿泊費をショッピングやグルメに使うと、効果的なサンフランシスコ観光ができますね。

もしツアーでホテルが選べるなら、周りに何もないシビックセンターより活気のあるフィッシャーマンズワーフが安心です。コストパフォーマンスは高いですよ。

4泊6日で満喫するサンフランシスコ旅行 > サンフランシスコのおすすめホテル > サンフランシスコで安く泊まるなら!ホリデイインのメリットとデメリット
ユニオンスクエア 1日目はのんびりとサンフランシスコ市内を観光しながら、フライトの疲れを癒やしましょう。初めてサンフランシスコを旅行する皆さんは、ユニオンスクエアの周辺をブラブラして、ショッピングやグルメを楽しんだり、ケーブルカーに乗ったりして、街の雰囲気に慣れるといいですよ。
フィッシャーマンズワーフ 2日目はフィッシャーマンズワーフアルカトラズ島へ出発。午前中のツアーを利用して、海に浮かぶ「伝説の刑務所」アルカトラズ島へ上陸。帰りにフィッシャーマンズワーフへ立ち寄り、シーフードを堪能して「海」をキーワードにした1日を楽しみましょう。
ヨセミテ国立公園 3日目はサンフランシスコ郊外にあるヨセミテ国立公園へ出発。雄大な自然を肌で感じながら、カリフォルニアが誇る世界遺産を思い切り堪能しましょう。夜はサンフランシスコ市内へ戻って、カリフォルニア・キュイジーヌを楽しんだあと、美しい夜景を眺めると旅行気分が盛り上がりますよ。
デ・ヤング美術館 最終日はサンフランシスコ市内をめぐって記念写真ショッピングを楽しみましょう。市内の有名な観光スポットは、1日あれば、すべて足を運ぶこともできます。おみやげを買う時間と相談しながら、無理のないスケジュールで、サンフランシスコの素敵な思い出を胸に刻みましょう!
クレジットカード クレジットカードはサンフランシスコ旅行の必需品。初めて海外旅行へ行く皆さんはクレジットカードを準備しましょう。カード選びに迷ったら、年会費が無料で、海外旅行傷害保険付きの楽天カードがおすすめ。帰国後は貯まったポイントを使って、楽天市場で買い物が楽しめます。スマートな一枚です。
サンフランシスコの基礎知識
エリア別サンフランシスコ観光情報
目的別サンフランシスコ観光情報
サンフランシスコのおすすめホテル
サンフランシスコ旅行計画
サンフランシスコ旅行へ出発する前に買いたいトラベル用品